高級賃貸マンションの入居審査で知っておきたいこと

高級賃貸で気をつけるべき入居審査のポイント

賃貸マンションを借りる場合に必ず入居審査があります。
入居審査が必要な理由には、「オーナー側の資産運用計画のリスク回避を目的として、入口の段階で審査を行い入居判断を行う。」ということが大きな目的となります。

  • ・入居を希望している方は滞納などなく継続的に賃料を支払っていただける方なのか。
  • ・契約内容を守っていただける方なのか。
  • ・近隣住民に迷惑をかけることはないか。

こういったことを見極める必要があるからです。

トラブルを起こさない住民という保証が求められます

賃貸マンションの中でも高級賃貸マンションとして扱われている物件の場合は、比較的社会的地位の高い人が入居をするマンションであり、一般の賃貸マンションとは異なり、その審査内容もさらに厳重なものとなっています。
その厳重な審査では一定の基準を満たしていない場合、入居を断られる場合もあります。
審査の内容としては、入居者の年収や仕事内容、その安定性はもちろんですが、家族関係についても厳しく審査され、保証人においても入居者と同じような事項を審査されることがあります。
通常のマンションよりも高額な賃料を継続的に払っていけるだけの資金があるかどうかについては相当厳しい審査となります。

お金を持っていれば借りられるとは限りません

さらに重要とされている事に、入居者の「人柄」という点があります。
意外な部分ですが、高級賃貸マンションを希望されている多くの方は、高級だからこそ備わっている快適さや利便性、質の高いサービスやステータスを求めている方が殆どです。
その為に高い賃料を払って住んでいるため、他の入居者への迷惑行為を行うような人は、管理者側としても絶対にいれたくないという強い理由があります。
このように、高級賃貸マンションでは、入居者と保証人の仕事内容、家族構成や転居理由、さらには人柄などを厳重に確認し、家賃の返済能力や他人との共同生活に配慮できる人かどうかを、管理者やオーナーが総合的に考慮し審査時の判断としています。